講師紹介

講師は「現役プロカメラマン」+「人柄」

第一線で活躍する「現役プロカメラマン」であることを前提に、「人柄」にすぐれている講師ばかり。まさに「写真は楽しい」を実践してくれる大切な存在です。また最新の業界事情や撮影技術など現役だからこそ伝えたいこと、伝えられることがたくさんあります。
  • 写真

    柳谷 杞一郎

    やなぎたに きいちろう
    編集者・写真家。1957年広島生まれ。広告・出版物の制作ディレクターを経て、88年エスクァイア日本版の月刊化に際し、編集者として参加。90年副編集長。91年にカメラマンに転身。“大人の感性”と“少年の温り”の混在する写真家として注目を集める。写真集に「Rapa Nui」「X」、著書に「大事なことはみんなリクルートから教わった」「写真でわかる<謎への旅>」シリーズの「イースター島」「マチュピチュ」などがある。
    写真
  • 写真

    太田 学

    おおた まなぶ
    1996年 新藤修一氏師事。2000年 松濤スクールマネージャー就任。2016年 株式会社 写真の学校 代表取締役就任。カメラマンにはイマジネーションが大事だと思う。人が100人いれば100通りのイメージがある。それは言葉を忠実に表現する能力ではなく、言葉を飛躍させるイメージが大事だと思う。しかし、プロにはそのイメージの飛躍を人に伝える力が必要だ。
    【advertising】キヤノンマーケティングジャパン株式会社/株式会社アミューズ/株式会社エフ・エム東京/京三電機株式会社/大成建設株式会社/P&G Japan/株式会社 テレビ朝日/など
    写真
  • 写真

    柳井 隆宏

    やない たかひろ
    『1978年東京生まれ。日本写真芸術専門学校卒業。朝日新聞社国際編集部に所属し、International Herald Tribune/The Asahi shimbunのスタッフフォトグラファーとしてスポーツ、ニュース、ポートレート等様々な現場を取材、掲載写真の画像処理を担当。後にフリーランスとして独立。 AsahiWeeklyなど、新聞、カタログを中心に活動中。日本写真芸術専門学校講師。
    写真
  • 写真

    塩崎 亨

    しおざき とおる
    1972年東京生まれ。06年3月、東京写真学園を修了。同年10月に勤務していた会社を退職し写真家の道へ。High photo Japan、雑誌や企業誌、イベントなどで撮影。第34回APA公募展2006 入選。日本写真家ユニオン第2回公募展 優秀賞受賞。
    写真
  • 写真

    杉浦 弘樹

    すぎうら ひろき
    大阪工業大学情報科学部卒、松濤スタジオでチーフスタッフを勤め、カメラマンアシスタントを経験し独立。雑誌、広告関係で活動中。
    写真
  • 写真

    大山 高彦

    おおやま たかひこ
    1963年府中生まれ、熊本育ち。東京写真専門学校(現ビジュアルアーツ)中退。スタジオエビスのチーフアシスタント、松濤スタジオゼネラルマネージャーを経て、01年フリーカメラマンとして独立。ヘアスタイル・ビューティー系を中心に活動中。モノクロプリント作品制作にも力を入れる。2003年ポラロイドピンフォールフォトコンテスト入賞。
    写真
  • 写真

    佐藤 和恵

    さとう かずえ
    札幌市生まれ。博報堂フォトクリエイティブ(現博報堂プロダクツ)勤務、M.HASUI氏に師事などを経てカメラマンとして独立。雑誌、広告などを中心に活動中。
    写真
  • 写真

    富澤 ススム

    とみざわ すすむ
    1960年東京都生まれ。北アルプスの小屋で4ヶ月間雪がきした後、北極へ犬橇をヒッチハイクしながら1300キロを旅、撮影する。-50℃まで撮影可能な辺境の写真師を目指し日夜はげむ。
    【主な仕事】sony等カタログ、広告/tokyo walker、ぴあ、るるぶ等、雑誌
    写真
  • 写真

    富田 皋生

    とみた こうせい
    1950年東京生まれ、1973年(株)シンフォトプロダクツにアシスタントとして入社、主に雑誌関係の仕事に従事(週刊平凡主婦と生活 冒険王等) 独立後(フリー)は広告写真に転向、各10年間位ずつ建築、料理、商品撮影を経験現在に至。今までの主なクライアントは三井ホーム、ダスキン、明治乳業、白十字、サムソン等、(公)日本写真家協会会員、(NPO)市民の芸術活動推進委員会会員。
    写真
  • 写真

    鎌田 靖子

    かまた やすこ
    秋田県生まれ。
    高校で写真をはじめ、大学卒業後松濤スタジオ入社。
    サブチーフスタッフを勤め、
    独立。
    雑誌、広告などを中心に活動中。
    写真
  • 写真

    新宮 武彦

    しんぐう たけひこ
    1960年生まれ。アップルコンピュータ正規ディストリビュータを経て独立。デザイン会社、印刷会社等のサポート、コダック株式会社カラーマネージメントテクニカルアドバイザー。現在、フリーのカラーマネージメント・コンサルタント、デジタルオペレータ、テクニカル・ライター、レタッチャー。『DTPWorld』『MacFanDTP』『デジタルカメラマガジン』『BRUTUS』『日経デザイン』などの雑誌で執筆、撮影。連載も多数。
    写真
  • 写真

    神保 弘明

    じんぼ ひろあき
    松濤スタジオ勤務。
    退社後カメラマンHIJIKA氏に師事。
    HIJIKA氏のアシスタントとして活動中にレタッチ技術を磨く。様々な現場経験を元にスチル・ムービー関するライティング、グリップなどのアドバイザーとしても活動中。日々新しい撮影技術やレタッチ技術を模索中。
    写真
  • 写真

    青山 裕企

    あおやま ゆうき
    1978年愛知県生まれ。05年筑波大学卒業。07年キャノン写真新世紀優秀賞受賞。主な著書『ソラリーマン』『スクールガール・コンプレックス』『ガールズフォトの撮り方』『僕の妹は、写真家になりたい。』など、サラリーマンや女子学生などて“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。
    写真
  • 写真

    宇津 裕美子

    うつ ゆみこ
    1978年東京都荒川区生まれ。早稲田大学第一文学部を中退し、東京写真学園写真の学校卒業後、スタジオ勤務。そんな中、様々なギャラリーにて作品を発表。2005年には第25回一坪展入賞、2006年には、第26回一坪展グランプリ、第29回写真新世紀でも佳作を受賞する。主な展示会に、GuardianGardenにて「なまなま」の個展を開催。現在も精力的に作品を発表し続ける期待の若手写真家。
    写真
  • 写真

    堀口 隆生

    ほりぐち たかお
    和歌山生まれ。1976年(有)ハーフグレイを設立。ポスター、カタログ、パンフ、雑誌広告の写真撮影が中心。主なクライアントにリプトン、丸大食品、東芝、上州屋、ケン・クラフト、ダイワ精工、グラファイトデザインなどがある。95年よりデジタルフォトに着手、画像処理も手がけている。02年には3D映像にも着手。日本広告写真家協会(APA)会員。写真展等開催多数。
    写真
  • 写真

    野頭 尚子

    のず なおこ
    東京蔵前生まれ、埼玉浦和育ち。
    フォトグラファー設楽茂男氏に師事。
    女性誌、カタログ撮影中心。
    『ELLE』『25ans』サンプランニングetc
    HP:http://naonozu.wixsite.com/nozu-naoko
    写真
  • 写真

    中野 建太

    なかの けんた
    1980年愛知県生まれ。
    大学在学中に西部日刊スポーツの嘱託カメラマンとなり主にプロ野球・大相撲などの取材に奮闘。卒業後上京、松濤スタジオ・アシスタントを経て09年独立。
    写真展「やわらかい時間」
    ポートレートを中心に雑誌・CDジャケ写など。
    写真
  • 写真

    佐藤 孝三

    さとう こうぞう
    1949年 大分県生まれ 高校在学中に写真に興味をもち撮り始める。 複数の写真家のアシスタントをしながら75年頃フリーカメラマンとして独立。 84年スタジオ兼事務所を原宿に設立、ソニー、ポーラ化粧品、学研、アステラス製薬などのポスターやカレンダーなどのコマーシャルフォトを手掛ける。
    01年写真集「エベレスト山群」を山と渓谷社より出版、池袋東武デパートや大分、岡山などで写真展を開催。
    04年月刊誌、山と渓谷の表紙を1年間担当、12ヶ月全てを撮り下ろす。08~09年ニコン・ ヤマケイ写真塾の講師を勤める。
    10~11年「峻峰」のタイトルで月刊誌、岳人に1年間連載する。日本写真家協会会員。
    写真
  • 写真

    柳詰 有香

    やなづめ ゆか
    1983年東京生まれ。2007年よりフォトグラファー蜷川実花氏に師事。独立後には出版社にて雑誌や写真集の企画、編集、撮影に携わる。現在は子育てをしながらフリーランスのフォトグラファーとして、ファッション、ポートレート、キッズ、フードなど、女性らしい視点での撮影を幅広く手がけている。
    写真
  • 写真

    山田 和伸

    ヤマダ カズノブ
    2003年
    松濤スタジオ入社
    2004年
    スタジオフォトコンテスト
    シグマ特別賞受賞 『far east』
    2005年
    カメラマン熊谷隆志氏を師事
    2008年
    9月に独立

    コミュニケーションを大切にすることがプロカメラマンへの第一歩になります。
    知識や技術は学ぶことで身につきますが、これは日々の生活から心がける必要があります。
    魅力あるカメラマンを目指して頑張りましょう。
    写真写真
    写真写真
  • width="130"

    三井 公一

    ミツイ コウイチ
    フォトグラファー。1966年生まれ。新聞社の出版写真部を経てフリーに。モータースポーツやクルマ、バイク、スポーツを中心に撮影。インターネット黎明期からウェブ上での写真や動画コンテンツの制作を開始。現在はニュースサイトのフォトレポートやレビューも手がけ、雑誌、広告、ウェブ、ストックフォトなどでも活躍中。
    写真写真
    写真
  • width="130"

    堀内 亮太

    ホリウチ リョウタ
    1982年生まれ。六本木スタジオ勤務、退社後カメラマン輿石真由美氏に師事。現在は人物撮影を中心に雑誌、広告などで活動中。
    写真写真
    写真写真
  • width="130"

    松本 健作

    マツモト ケンサク
    1982年 埼玉県 生まれ専門学校を卒業後に株式会社IMAGICAプラスへ入社。その後フリーランスを経て、映像制作会社を仲間と起業。現在はまたフリーランスへ戻りTV番組やCM、映画などの映像編集を主な生業としながらVPやイベント映像のディレクターとしても活動。

    主な番組(編集):いきなり!黄金伝説、人生最高レストラン、ハミダシター など