ホーム > コース紹介 > プロカメラマンコース総合科

プロカメラマンコース総合科

1年間ですべてを変える、来年はプロカメラマン。
超集中プロカメラマン養成講座

プロカメラマンコース本科とデジタルプロコース、さらにはスタジオでの作品制作までを網羅した超集中コース。プロカメラマンコース本科ではカメラの使い方からカメラマンになるための基本的な知識・技術を身につけ土台を築きます。また、プロカメラマンの仕事の多くはデジタルカメラで撮影され、撮影後のフォトレタッチ(画像補正)までを多くのカメラマンが行いデータを納品しています。デジタルプロコースではフォトレタッチのいろはを学び、お客様にデータを納品できるまでをしっかりと身につけていきます。プロ使用の撮影スタジオで作品制作に集中できることも大きなメリットとなります。

デジタル一眼受講OK

カリキュラム

一眼レフカメラの基礎知識

自分のカメラを知る/一眼レフカメラの特徴・使い方/機材の手入れ

まずは自分のカメラをよく知っておきましょう!ということでカメラの基本的な使い方から普段のお手入れまでをレクチャーしていきます。

AE機構/露出

露出の仕組み/測光方法/露出補正/AEロック

仕上がりに大きく関係してくる露出。露出計の使い方や露出のとり方、露出による表現の違いについて実際に体験しながら学んでいきます。

レンズ

レンズの種類(広角・標準・望遠)/レンズ効果

レンズの種類と構造、その違いによる効果を学び表現や撮影状況によるレンズの選択の判断が的確に行えるよう実践を通して学びます。

ストロボ

ストロボ/天井バウンス/日中シンクロ

大型ストロボを使用した撮影。ストロボ機材の使い方を覚え状況に応じたストロボ効果の違いに注意し光をコントロールしていきます。

フィルターワーク

カラーコントロール/フィルターの種類と効果/特種効果

作品のイメージに合わせて全体のカラーやトーンをコントロールします。色を補正したり効果的なフィルターの使い方をレクチャーします。

レタッチの知識

フォトショップ基本操作

プロの世界ではデジタルに関する知識が無いと仕事になりません。基本的な知識を見につける事でプロとしての対応の幅を広げましょう。

スタジオワーク

スタジオ機材と使い方/ジェネの使い方/ライティングの組み方

プロ使用の松濤スタジオ及び、三宿アネックスのスタジオ機材を把握し準備〜ライティング〜片づけまで一連の流れを実践して身につけます。

ライティング

ディフューズ/レフ板/2灯・3灯・多灯ライティング/透過光

ポートレートライティング・ファッションライティング・スティルライティングなど。ライティングの組み方や考え方、パターンを学びます。

色温度

カラーメーター/色温度変換フィルター/カラー強調フィルタ−

被写体をフィルムに焼きつける光。その光の持つ色や色温度を目に見えない微妙な色温度までコントロールしイメージに近付けていきます。

自主制作

各自各班の作品撮り(被写体選び・ライティング・撮影)

スタジオワークやライティングの技術・知識をみにつけた上で各自でオリジナル作品を制作。すべてのセッティングをお任せします。

セルフプロモーション

コンポジット制作/売り込みの方法

プロへの第一歩は自分を売り込むことから始まります。作品集をいかに見せるかなど雑誌やコマーシャルの世界への売り込み方を学びます。

テーマによる企画/撮影/プレゼンテーション

年3回行われる作品発表会。毎回違う課題の中でクラス選考会で勝ちあがった数名の精鋭達が合同発表会でプレゼンテーションを行います。

講評

作品のプレゼンテーションと講評

これまでに撮りためた作品を発表・講評していきます。クラス仲間の作品を見て刺激を受け、自分の作品を見せてアドバイスをもらいます。

※実際のカリキュラムではなく、全レッスンを通して学んでいく内容です。

開講日

2018年4月下旬開講

週4回1年制 定員各27名

  • 【月水木金 朝クラスA】4月23日(月)開講
    月 10:30〜13:00
    水 10:30〜13:00
    金 10:30〜13:00
    木 11:00〜13:00(※デジタルプロコース)
  • 【月水木金 夜クラスC】4月23日(月)開講
    月 19:00〜21:30
    水 19:00〜21:30
    金 19:00〜21:30
    木 19:00〜21:00(※デジタルプロコース)
  • 【木土 クラスD】4月28日(土)開講
    土 10:30〜13:00
    土 14:00〜16:30
    土 16:45〜19:15
    木 19:00〜21:00(※デジタルプロコース)

受講料

<一括納入>
入学金55,000円

授業料566,000円
施設費(前期分)70,000円
合計 \691,000円(税込)

<分割納入>
頭金88,000円(修了生63,000)で残金は

教育ローンがご利用いただけます。

詳しくはこちらから

※上記の他に別途費用として、撮影材料費¥58,000−(年額)・モデルヘアメイク等の実習実費として¥42,000−(年額)・後期施設費¥77,000−の納入が必要となります。納入期日等についてのご案内は後日お知らせをさせていただきます。またご不明な点などございましたらお気軽に写真の学校/東京写真学園までお問い合せ下さい。

※平成26年4月1日からの消費税率変更に伴う増税相当分を受講料等に反映させて頂いております。予めご了承下さいますようお願いい たします。

 

振込先口座 みずほ銀行渋谷支店 普通 3474805 写真の学校

  • ご注意
    お支払いいただいた入学金、授業料、施設費、撮影材料費、実習実費の費用は開講中止の場合を除いてご返金できません。また定員制をとっておりますので、教育ローン支払い等が完了する前に退校した場合も、定められた入学金、授業料、施設費、撮影材料費、実習実費は最後までお支払いいただきます。予めご了承ください。
    入学申込書の提出後、1週間以内に授業料あるいは頭金をお振り込みください。ご入金が遅れる場合は必ずご連絡ください。ご連絡がない場合はキャンセルと見なし、入学申込が無効となることがあります。
    東京写真学園は「親からの経済的援助のない人にも通える本格的な写真の学校があるべきだ」という主旨でスタートしました。やる気はあるのに経済的な理由で入学を断念しなければならないという方は、必ず事務局にご相談ください。
  • 一括納入の方
    お申込みのコースの授業料を下記銀行口座にご入金ください。振込手数料はご負担願います。また、プロコースと共に他コースを同時にお申込みの方は、他コースの入学金は不要となります。
  • 教育ローン利用の方は必ずこちらをお読み下さい
  • 修了生、在校生の特典
    写真の学校|東京写真学園の他コース「はじめてのフォトレッスン」「レベルアップフォトレッスン」「クリエイティブフォトレッスン」の修了生および在校生は入学金が30,000円となります。一括納入の方は合計666,000円、教育ローンの方は頭金から25,000円を差し引いた金額(63,000円)をご入金ください。

生徒作品

前のページへもどるページトップへもどる

会社概要お問合わせ企業の皆様へよくある質問サイトマッププライバシーポリシー

Copyright(c) 2006 Tokyo Shashin Gakuen. All rights reserved.