ホーム > 写真の学校とは

楽しいから続く、続くから上達する

写真の学校とは

3つの特色

1

振替システム

同じ授業であれば自由に振替をすることができます。方法は写真の学校モバイルから振替日時を送信するだけなのでとってもカンタン!突然の急用でも休まずに通えるのが特徴です。
※振替できない授業内容がありますのでご確認ください。

2

フォト割

<フォト割>
フォトレッスンコースを2コース同時にお申込いただくと受講料がお得に!同時に申し込んでも受講時期をずらすことができるので安心です。

3

駅前スクール

アクセスマップへ

渋谷駅から徒歩1分の駅前スクール。「通いやすいから続く」これって意外と本当の事なんです。授業のない日でも学校に立ち寄ってしまう、そんなスクールを私達は目指しています。

設立趣旨

フォトレッスンコース

写真は楽しい。撮る技術が身につけば、もっと楽しい。

カメラはある意味ですごく不器用な機械ですから、人間の目で見たそのままになにかを再現することは不可能です。直線的なものが歪んで見えたり、遠くのものが近くに見えたり、画面の一部にしかピントが合わなかったり、人間の目には見えない色が写ったりします。不器用であるがゆえの制約がたくさんあるのがカメラなのです。

しかし、だからこそ写真にしか表現できないというものがたくさんあるのだと思います。狭く汚い部屋を広くオシャレな部屋に見せたり、冴えないガラクタグッズを渋い芸術作品に変貌させたり、容姿に自信のない女性を輝くばかりの美人に変身させたり・・・。写真はマジックです。嘘と本当、夢と現実が複雑に交差している世界だといっていいかもしれません。アナタの撮った写真にはそれが風景写真であれ人物ポートレートであれ、必ずあなた自身が映り込んでいます。どんな世界を作り出すかはその写真を撮る人次第なのです。

カメラを自在に操り、イメージを形にする技術を身に付けたら、「写真」だからこそ表現できるあなただけの「なにか」をつくり出してみてください。「写真」というメディアを使ってたくさんの人にメッセージを届けることができるようになるはずです。写真の学校/東京写真学園で「写真は楽しい。撮る技術が身につけば、もっと楽しい。」を実体験してください。

プロカメラマンコース

年齢や学費を気にせずに、今からプロカメラマンになる。

プロカメラマンになりたい!という強い思いがあるにもかかわらず、経済的あるいは年齢的な理由でその夢を断念するという人たちにチャンスを与えたい、という趣旨のもと開校されました。大学や専門学校へ進学するためには年間100万円を超える授業料が必要となります。学費を貯めてからでは遅すぎるし、親に出して欲しいとはいえない、という人が少なからずいるはずです。

私たちはまず、皆さんが自分で働きながら授業料を払える学校であることを目指しました。通常カメラマンのアシスタントやスタジオスタッフとして働きながら写真を学んでいくためには、年齢という障害を越えなければなりません。20代後半、30代、40代になってからプロカメラマンになりたいと決心した人たちが年齢を気にせずに学び始めること、カメラマンへのスタートを切ることができる場であることにこだわりました。

そして、何よりも大切なことは、実践的な撮影の現場であるということです。アカデミックな写真論、写真史、写真科学などの講義は大学や専門学校に任せ、あくまでもプロカメラマンとして仕事を得るための知識や技術をストレートに身に付ける場でありたいと考えました。「プロの撮影方法、プロの施設、プロの機材、プロのスタッフなど、本物に接することでしか身につけることができない技術、知識を提供する」をテーマにカリキュラムは組まれています。

 

「プロカメラマン」になるという決心をした人であれば、全くの入門、初心者の方も大歓迎です。まずは最初の一歩を踏み出してみてください。プロカメラマンになるための理想の教育環境がここにあると、私たちは自負しています。

生徒作品

前のページへもどるページトップへもどる

会社概要お問合わせ企業の皆様へよくある質問サイトマッププライバシーポリシー

Copyright(c) 2006 Tokyo Shashin Gakuen. All rights reserved.